自動車保険 一括見積

一括見積もりの具体的な使い方

◇まずは手もとに次の書類を準備します。

 免許証  車検証  現在加入の保険証券
  ※初めて任意保険に加入する場合は車検証だけでOKです。

◇入力画面の案内に沿って各項目を入力します。

入力項目は各サービスとも大体次のとおりです。

●車の登録年月 、メーカー名、車名、型式、保険加入状況、所有者、使用目的
●年間走行距離、運転地域、エアバック、改造の有無、陸運支局
●等級、現在の補償、現契約の満期日、現契約の保険会社
●現契約保険金請求事故回数、基本情報(住所、氏名、年齢など)
●運転免許情報(取得年月日、免許証の色、免許停止経歴など)

※項目が多いように見えるかも知れませんが、実際には最短で5分程度、長くても15分くらいで入力が完了です。
車両保険、特約など、基本的な加入条件は、入力前に方針を決めておいた方がいいでしょう。

◇メールor郵送で見積が届きます

入力を確認し申込が完了すると、メールの場合は1日程度、郵送なら2日程度で見積が届きます。
一覧で全体を比較して絞り込んでから候補社の詳細な比較・検討を行えばいいでしょう。

一括見積もりを効果的に活用する

一括見積もりを効果的に活用するためには、車両保険をどうするのか、そのタイプはどうするのか、特約はどうするのかなど、基本的な方針をを事前に決めておけば良いでしょう。

保険料の金額だけでなく、

・各社の保険料はどのような差があるのか
・自分の加入条件で一番安いのはどこなのか
・今の保険より安くなるのはどこなのか

などをまず把握することが一括見積もりの効果的な利用の仕方でしょう。

自動車保険を扱う保険会社は20社を超えていることから、

・インズウェブ(最大20社)
・保険スクエアbang!(最大17社)

など提携する保険会社数の多い一括見積もりが人気です。


車の査定に関する疑問あれこれ

欠かせないポイントがありますか

たとえどんな種種であっても、車の保険の契約の際には一人ひとりの経験や思いから来るこだわりがあるのかもしれません。

「新車じゃないから車両保険は要らない」

「毎日の運転だから、もらい事故による金銭的被害を避けたい」

「等級プロテクト特約を付けられることが絶対条件だ」

「思い入れのある愛車だから車両保険は欠かせない」

あなたが自動車保険に求めるものは何でしょうか。
一括見積もりは、自分の大切なポイントをはずさない納得の保険選びを手伝ってくれます。