自動車保険 通販型

通販型は中間マージン省略の合理的な保険

「車の維持費、中でも自動車保険をなんとか安くしたい」
そう思ったいる方も少なくないでしょう。

なんとかするなら、まずは自分の眼で相場を知り、自分で選ぶようにすることです。

自動車保険の加入や更新を他人任せにしていると、各社の違いを知らないまま高い保険料を払っているのかもしれません。

同じ自動車保険といっても通販型と代理店型の保険料の差はとても大きく
同じ車種・補償内容で保険料が2倍も違うことも珍しくありません。

おなじみの販売店のおすすめだから大丈夫だという人任せは禁物です。
任意保険をすすめるクルマ販売店は間違いなく自動車保険の代理店であることを忘れてはいけません。

それほど義理があるわけでもない「副業」代理店のために、代理店マージン(15~20%)を含んだ高い保険料を毎年支払うのはもったいないと思いませんか?
【無料】簡単・便利な一括見積もりで、ぜひ各社の比較をしてみてください。

自動車保険にダンピングなどあり得ない

軽自動車の任意保険料を一括見積で比較すると、初めての人は通販型の安さに驚くかも知れません。
あまりの大きな違いに「こんな値段でいざというとき大丈夫?」と思う人もいることでしょう。

結論から言うと「従来型(代理店型)が高すぎた」のです。

通販型の自動車保険の保険料が安くなる理由は明確です。
代理店・支店等を省いて「直接取引」をしているので中間コストが圧倒的に小さいのです。

中でも代理店手数料保険料の15~20%と言いますからこの差は決定的です。

自動車保険代理店の約90%がディーラーなど副業の片手間代理店だと言われていますが、
通販型はこの業界に中間コストを省いた「適正価格」を提示していると見るべきでしょう。

保険料が安いことと事故対応力とは関係がない

◎中間経費省略で任意保険料の安さと事故対応サービスの充実を実現

通販型は中間コストを省き、それをサービスの充実にも振り向けています。

「365日対応の代理店」というのは聞いたことがありませんが、通販各社は24時間365日の事故受付が当たり前です。
事故直後の初期対応※も通販全社が365日の対応になっています。
(※初期対応…事故直後の状況聞き取り・アドバイス、病院・警察等連絡・修理工場手配など)

◎代理店が事故対応を行えば法律違反

事故対応は本社の担当が行うという点で、通販型も代理店型も全く基本のしくみは同じです。

「いざという時は代理店の方が安心」
これは事故対応を代理店が行うという誤解を生むような言い方です。

現実には、代理店による仲介やあっせん行為は法令違反であり行われることはありません。
代理店型のメリットはあくまでも保険のプロとしての「アドバイス」が受けられることです。

問題は代理店の90%がプロのアドバイスを期待できない副業代理店だという点です。
ネット等で「代理店探しが重要」と言われるのにはこういう背景があります。

「代理店探し」の心配が無く全契約者が均一なサービスを期待できるのが通販のメリットです。
このメリットは例年の満足度調査の結果で裏付けられています。


車一括査定を利用する際のポイント