車の保険 一括見積もり

「急いで節約したい」一括見積もりがピッタリ

現在損保など24社が車の任意保険を取り扱っています。(※2010年10月現在)

忙しくて時間が取れない場合、契約の満期が迫って急ぐ場合、
こんなに多くの中からどうやって納得できる保険を見つければいいのでしょうか。

その方法は一括見積もりしかありません。

自動車保険一括見積もりは、
一度の入力で複数社の比較が行なえる無料サービスです。

「最大20社」「最大17社」の一括見積もりを使えば、
絞り込みの下調べや個別会社への見積依頼から解放されます。

一括見積もりは上位2つだけで既に利用者が7百万人を越しています。
(※インズウェブ 500万人突破、保険スクェアbang! 240万人突破)

この実績・人気が一括見積もりの安心と信頼を証明しています。

免許証・車検証・保険証券を揃え今すぐ始められます。
(初めての加入なら、車の形式(車検証)だけで見積もりOKです。)

一括見積もりを効果的に活用

急ぐとはいえ、最低限の加入条件のチェックはしておきたいという場合、
入力の前に、車両保険をどうするのか、そのタイプはどうするのか、特約はどうするのかなど、基本的な方針を事前に決めればいいでしょう。

・更新なら、加入条件を変えないのか、どこか変更するのか
・新規なら、車両保険、人身障害保険をどうするのか
・弁護士特約など特約の付帯をどうするのか

基本的な方針を事前に確認しておけば、一括見積もりの入力を円滑に行うことができます。

また、予算の制約がある場合は、事前に決めた加入条件で一旦見積もりを行なった後、一括見積もりのリアルタイム機能を活用し、予算上限を見ながら特約などの調整を行なえばいいでしょう。

車の任意保険料は各社様々

1998年の完全自由化で自動車の任意保険が各社の競争になってから、一括見積もりの利用者が増加しています。

各社の自由競争により、自動車の任意保険の相場は以前のように、
車種・等級・年齢などで大体いくら位と見当を付けるのが不可能になりました。

◎通販型と代理店型のタイプの違い
◎各社の顧客ターゲットによるリスク細分のし方の違い
この二つが誰でも参考にできる相場がなくなった理由です。

これは私たち消費者にとっては悪いことではなく、様々な保険の中から自分に合うものが選べるようになったということです。

一括見積もりで自分の条件に合う安いところを探すのが、自由化後の任意保険選びの定番に成ったと言っていいでしょう。

各社自由競争の中での任意保険選びのコツは、
いかに各社の比較を上手に行なうかに尽きると思います。


多走行車・過走行車は買取専門店で売る