任意保険 新規

新規加入だからこそ一括見積もりをしてみよう

新規の自動車保険を選ぶ時、
車販売店は保険の代理店だということを忘れてはいけません。

・初めてでよくわからないからセールスに任せる
・不安だから販売店のすすめるものにする

このパターンだと通販型との比較も知らずに代理店手数料が上乗せされた代理店型を選ばされることになります。
(※代理店手数料は15~20%と言われています。)

専業のプロ代理店であれば手数料のメリットを期待できますが、
車販売店は保険のプロではありません。

(※車販売店等の副業代理店は「アマチュア代理店」などと呼ばれています。)

日本では自動車保険代理店の9割が副業のアマチュア代理店というのが実態です。
新規の自動車保険選びで身近にプロ代理店が見つかる人はとても稀でしょう。

新規の自動車保険選びを自分で調べることから始めるのは大正解です。

一括見積もりを利用すれば一遍で各社の違いを知ることができます。
一括見積もりは誰もが安心して利用できる【無料】見積もりサービスです。

「高額な買い物」自分で決めるのがあたりまえ

クルマの維持費の中で[自動車保険]はかなりの負担になります。

保険代理店経由の代理店型だと軽でも年間10万円を超える保険料も珍しくありません。

毎年必要な高額商品なのに、見積もり比較もせずにディーラーなど保険代理店の言いなりになり勝ちなのはなぜでしょうか。

確かに自由化の前までは自動車保険は各社横並びで選択の余地がありませんでした。

でも今は、数多くの商品から自分の眼で見、考えて最適の保険を選ぶことができます。

それでも毎年内容も調べずに高額な買い物を続けるのは保険くらいかも知れません。

ネットでは「通販は自分で勉強が必要ですよ」という代理店関係の方と思われるコメントが多いですが、毎年の高額な商品の勉強をしない方がおかしいのです。

代理店など従来型保険側にとって「勉強されると困る」ということなのでしょうか?

「自動車保険=高額商品」のイメージをしっかり持ちましょう。

そして代理店型にしろ通販型にしろ、自分としてのはっきりした理由をもって選びたいものですね。

最初から通販型を選んでも何の問題も無い

代理店は事故対応を行うことができない

専業のプロ代理店でも代理店が事故時のあっせんや仲介などをすれば法令違反になります。

事故対応は保険会社が直接行うのは代理店系でも通販でも同じことです。

事故時の代理店のメリットはあくまでも「アドバイス」ということになります。

ネットで「代理店探しが重要」とよく言われるのは、専業の代理店が10%しかない日本の自動車保険市場の現実を表しています。

「代理店の方が安心」というのは、20%の手数料に見合う「プロ代理店」に恵まれた場合の話だと考えるべきでしょう。


同じ値段なのに代理店によって品質(安心度)が違う?

ディーラーなど片手間の副業代理店はクルマではプロですが、保険のプロではありません。

契約する代理店によってこれほど品質(安心度)の違ってしまう高額商品が、どこも同じ値段で販売されていること自体が???です。

損保各社とも「代理店の粗製濫造」を反省して再教育などに努めているようですが、簡単に状況が変わることはないだろうと言われています。

一方、通販自動車保険のサービスは代理店に左右されることはありません。

事故対応24時間365日受付、初期対応(病院、修理工場への連絡等)365日実施、豊富な無料ロードサービスなどのサービスが、どこでも均一に受けられるようなしくみになっています。


軽自動車が無料一括査定で高く売れる